夏のオトシゴ

 

登場人物

一ノ瀬香菜

本作のヒロイン。
登場直後は、前髪が目を隠すくらい長く、後ろ髪も背中まであるくらいに長いので全体的に「もっさり」とした印象になってしまっている眼鏡着用の地味なクラスでも目立たない大人しい女子高生。
ところが、彼氏ができた事を切っ掛けにお洒落にも気を使うようになってイメージがガラリと変わる事に。
眼鏡をコンタクトに変え、髪を後ろ髪は肩に届く程度に、前髪は目がしっかりと見える程度にまでカットした事によって一ノ瀬が本来持つ美貌が発揮されるようになり、はち切れんばかりの巨大なバストを所持している事も気付かれて一躍クラスの注目の的に。
しかし、イメチェンした事によってクラスメイトのヤリチン男に目をつけられる事に。
コンドームと彼氏とのプリクラが入ったポーチをうっかり落とし、ヤリチン男の藤池に拾われて不純異性交遊を周囲にばらすと脅しを受けて体を差し出す事になる。
彼氏以外との男に無理矢理セックスさせられているのに感じまくってしまうドスケベボディの持ち主。

 

山崎太郎

一ノ瀬香菜のクラスメイトにして彼氏。
イメチェン前から一ノ瀬の美貌に気づくという、抜群の「女を見る目」をもつ。
一ノ瀬とは相思相愛であり、告白して交際する事になる。
初デートまでに数か月、初エッチまでに1回月ほど要した大人しい草食系の男。
一ノ瀬の処女を貰えた幸運な男であるが、幸運はここまで。
待ち合わせ時間に現れない一ノ瀬を「もうちょっと待ってみよう」と呑気に考えている間に彼女の一ノ瀬が藤池にイカされまくる事に。

 

藤池

一ノ瀬や山崎とクラスメイトなヤリチン男にして、熟練の性技と巨根の持ち主。
偶然拾った一ノ瀬のポーチに入っていたコンドームと彼氏とのプリクラで脅して一ノ瀬の体を貪る。
未熟な性技の山崎では一ノ瀬の感じやすいドスケベボディを開花させられなかったが、自慢の性技をもつ藤池のテクニックによって完全に開花させ、一ノ瀬を何度も絶頂に追い込み読者を楽しませる。
物語では悪役であるが、エロを求める読者にとっては「エロ神様」と崇めたくなる人物。

あらすじ

夏のオトシゴ 最大のオススメポイントは、ヒロインである一ノ瀬香菜にある。

一ノ瀬は自身の不注意から藤池に脅迫されて彼氏以外の男とセックスしてしまう事に。
一ノ瀬の彼氏はセックスに不馴れである為、前戯もしないような拙いセックスを一回した事のない一ノ瀬は「本当のセックスの快感」を知らなかった。
そんな一ノ瀬がヤリチンである藤池に抱かれる事になる。

藤池はセックスのテクニックが抜群であり、一ノ瀬自身も感じやすい淫らな体質であった為に乳首を摘ままれたり舐められただけで絶頂してしまったり、藤池の巨根を入れられただけで絶頂するなど、とにかく淫らな姿を見せてくれる。
この時の、「心は嫌なのに体は感じまくってしまう」というシチュエーションや淫らな姿が読者に最高の興奮をもたらすのでオススメ。
また、セックスの体位も正常位だけでなく、バック突きがありより楽しめる。
この時に一ノ瀬が、「こんなはしたない格好で山崎君以外の男とセックスしている」と、バックの体勢でピストンされながら快感と罪悪感に板挟みになっている一ノ瀬の姿がより興奮度を上げてくれる。

また、ストーリーも一ノ瀬によって魅力的となっている。
一ノ瀬はどんなに藤池から快楽を与えられても、心は屈せずに最後まで山崎一筋を貫く。
NTRをテーマにした漫画ながらも、絶対に心までは渡さない強いヒロインというストーリーがとても魅力的でオススメ。

 

→ 本編を見る

夏のオトシゴ NTR同人誌